真顔日記

上田啓太のブログ

一覧 告知 販売

お知らせ:真顔日記アーカイブス新装開店

超力水を飲んでいた

運動と筋トレを再開したほうがいい。肉体が衰弱している。最低限の健康に届いていない。骨が軋んで運動不足を思い知らされた。

昔、自動販売機で超力水という飲み物が売られていた。中学生時代の記憶である。力水はチカラミズと読む。われわれは好んで飲んでいた。非常に流行していた。しかし味を覚えていない。炭酸飲料だったはずだ。それ以上の記憶がない。ネーミングを飲んでいたと言える。超力水というのは良いじゃないか。中学生男子の心を刺激する。

中学生の自分は友人たちと歩いて帰ることが多かった。帰りの自動販売機でジュースを買える身分がうれしいのだ。財布は非常に粗末なものだった。ナイロン製でマジックテープで留める。白黒のヒョウ柄だった。いかにも中学生の持っていそうな財布である。最高にクールだと思っていた。

これで小銭を出して、超力水を購入する。友人には、ネクターの桃のジュースを毎回買うものもいた。あとはたまにジョージアの缶コーヒー。ブラックではなくカフェオレである。大量のミルクと甘味料が入っている。甘い甘いものだ。しかし当時はコーヒーを飲んだことに満足していた。今では逆に、甘みは不可能。きもちわるくなります。

超力水を日常的に飲んでいた頃、友だちと普段は行かない町に冒険に行って、はじめて見る自動販売機で力水という商品を発見した。超は付いていなかった。デザインも微妙に違っていた。力水は地味だった。超力水のほうが派手だった。力水を経て、超力水が誕生していたのか。超越のプロセスを知らなかった。力水を日常的に飲んだ上で、超力水に出会っていると、インパクトも違っていただろう。

右目の眼筋がけいれんしている。ぴくぴく動いている。眼精疲労にちがいない。最近面白いことを発見した。たまに長めのウォーキングをすると、汗をかいて肉体が活性化しはじめると同時に、目の疲労が強烈に感じられる。疲労を感じるにも肉体の活性化が必要であるようだ。日常的にディスプレイ等を見ることの疲労が、運動した段階で、ようやく疲労として認識されるのである。目元に疲れが感じられる瞬間は気持ちいい。

数年前、古い知人が死んだことを知らされた。同級生だった。激務の末、出張先のホテルで突然死していたのだという。風のうわさで知ったほど遠い距離感の男だった。しかしエピソードだけが妙に記憶に残っている。あまりに仕事が忙しいと、肉体の疲労を肉体の疲労として感知することができなくなるのか。

橋本治が以前書いていた。サラリーマンは真夏に分厚いスーツを着て平然としているほど、肉体から遠く隔たれている。男に肉体は存在しない。『革命的半ズボン主義宣言』。発表は八十年代か。現代日本において、真夏の男たちは半ズボンを履いて、すね毛をむきだしにしている。ユニクロのハーフパンツは飛ぶように売れる。人間の意識も変わる。

別の所でだれかが書いていた。男に肉体は存在せず、ペニスだけが存在している。笑える警句である。しかし冗談でも済まされない。いいかげん性欲のことを書かなくてはならない。