真顔日記

上田啓太のブログ

地球のことが心配なら、まず踏むのをやめろ

今日はヒマだったので地球の気持ちになって考えていたんだが、やはり、自分のことを踏んでいるやつらが自分のことを心配していたら、「まず足をどけろよ」と感じると思う。地球を守ろう、地球にやさしくと言っているやつらが、自分の上をドタドタ走りまわったり、ゴロンと寝転んだり、ピョンピョン飛び跳ねたりしていたら、こいつらは一体何なんだと思ってしまう。

たとえば、中島しげのぶというおっさんがいるとして、そのおっさんのことをみんなが心配している。中島さんの顔色がよくない、中島さんは大丈夫か、中島さんのこれからが心配だ、なにか中島さんのために僕たちが出来ることはないのか。

しかし、そうして話し合っている全員が、中島しげのぶの体を踏んでいる。這いつくばった中島しげのぶの尻に一人が座り、腰にもう一人が座り、三人目は中島しげのぶの手のひらを踏み、四人目は床に落ちた中島しげのぶのめがねを踏んでいる。割れたレンズの破片が悲しげに散らばっている。そんな状態で、中島さんのことが心配だ、中島さんにもっとやさしくしよう、と言うのは狂っているだろう。

よって、地球にやさしくするためにも、われわれは今すぐ地球を踏むのをやめるべきだと思うんだが、これを書いている現在も、私は地球を踏んでいる。恥ずかしながら告白させてもらえば、私は出生以来、ずっと地球を踏んできた。地球を踏むことが私の人生だったといっても過言ではない。そんな状態では、私の話にはなんの説得力もないだろう。

人のふりみて我がふり直せとは言うが、まわりを見渡せば、どいつもこいつも、あっけらかんとした顔で地球を踏んでいる。そこに反省の色もない。それが人類という存在であり、地球温暖化に関する会議では、世界各国から有識者が集まって、全員で地球を踏みながら、けんけんがくがくの議論を続けている。「まず足をどけろよ」という地球の意見は、完全無視である。

私はもう、地球を踏みたくない。私だけでも、まずは足をどけてから、地球のことを考えたい。そう決意して、先ほど思い切り飛び上がってみたんだが、数秒後、さらに強い力で地球を踏むことになった。やさしくしたいのに踏んでしまう。SMの女王と乙女心の両立。死ぬまでこれが続くのか。

もう、気球しかない。気球の上で地球を思え。