真顔日記

上田啓太のブログ

運命の浪費

夕方、コンビニでアイスコーヒー。例のごとくマシンの前で抽出を待つ。となりのマシンでは先にいた小太りの男がフラッペを作っていた。しかし私のアイスコーヒーのほうが時間はかからないから、結果として、私のマシンと男のマシンが同時にピーッと完成を告げた。美しく重なる二つの音。なんなんだ、この無意味な偶然は。照れちゃうよ。

男のマシンの側にストローやフタの棚があったため、その後しばらく、二人の男が言葉もかわさず気をつかいあって、互いの位置どりを模索することに。気まずさと照れくささの混じりあった奇妙な空間。あたふたした。

こういうの、奇跡の浪費だよなと思う。運命のむだづかい。へんなところで偶然の出会いを演出するな。

世界の運命の総量が一定だとすれば、このせいで結ばれなかったカップルとか出てくるんだろうな。あと一本バスがちがっていたら出会えたはずの二人が、とくに出会うこともなく、二人の人生が重なりあうこともなく、淡々とそのまま続いていく。かわりにコンビニの店内で奇跡のように重なりあう電子音。ごめんよ。彼とはその後何もなかったよ。

ひさしぶりのレジ袋

午前六時起床。快晴。昼に外出。コンビニにアイスコーヒーとミニようかんを買いに行く。まだ日ざしが強い。セミの声一切きこえず。とうとういなくなったのか。この夏最後のセミの声をその時点で判断することは不可能だ。後にならないと分からない。

手ぶらでコンビニ到着。アイスコーヒーは手持ちでいいし、ミニようかんはポケットに入れればいいと考えていた。しかし店内で食品に囲まれ、さらなる食欲がわいてきたため、アメリカンドッグとポケチキのプレーンを一緒に購入。

このすべてをむきだしのまま持ち帰るのは大変だし、なによりバカみたいなので、ひさしぶりにレジ袋を購入。3円。吹けば飛ぶような値段。ひさしぶりのレジ袋はなんだか記憶しているよりもペラペラだった。布製の買い物袋に慣れたからか。こんなに薄くて軽い子だったのか。

帰宅。6個のポケチキを食べ、アメリカンドッグを食べ、アイスコーヒーを飲んだところで、完全に満足する。ミニようかんが完全に余分だったが、フォルムがよいので許した。つるんとしたきれいな直方体には弱いんだ。

雑念日記更新

ジモコロで連載している雑念日記が更新された。毎回、三本のコラムで合計3000字ほどになる構成。それぞれのコラムの内容は無関係だが、なんとなくバランスは考えている。ちなみに今回は、

・文字列ループのサイコ感
・あいみょんの分裂
・どうぶつビスケットで動物園を作る

の三本です。

この紹介のしかた、サザエさんみたいだよな、と毎回思う。タイトルを三つ並べるとサザエさんだと感じるように幼少期から刷り込まれているのか。「さーて、来週のサザエさんは!」と切り出してみたくなる。

もっとも、サザエさんに「文字列ループのサイコ感」なんて回はありえないが。あれば屈指の珍回になる。「あいみょんの分裂」もありえない。「どうぶつビスケットで動物園を作る」はギリギリいけるかもしれない。カツオにそそのかしてもらって、タラちゃん、イクラちゃんあたりに奮闘してもらえれば。

午後にすこし散歩。近所のゴミ捨て場の掲示板に、毛筆で太く荒々しく、「火曜日、容器包装・プラ」と殴り書きされていた。守らねえとただじゃおかねえ、という凄みが感じられた。文字には呪術的な支配力があることを思い出した。古代の記憶だ。

・月曜日・木曜日、燃やせるごみ
・火曜日、容器包装プラ
・第三金曜日、燃やせないごみ

さすがにサザエさんにはならんな。万能ではなかった。

雑念日記:あいみょんの分裂 他2本

初期の台風クラブ

午前二時起床。夜型生活を突き抜けて朝型生活に移行しはじめた。しかし、こうして起床時間を書いていると、こいつどんな生活してんだよ、となるな。毎日すこしずつ起床時間が後ろにずれているだけで、体感としては淡々と安定したリズムではあるのだが。

ひさしぶりに日中に外に出ると、日ざしがきつく、セミの鳴き声がきこえた。半そでで汗だく。ほんとに九月半ばか?

台風クラブ『初期の台風クラブ』をきいた。2017年リリースのファーストアルバム。はじめてきいた時、これは絶対に京都のバンドだと感じて、調べてみると実際に京都で結成されたバンドだった。この京都感というか、京都の大学生感は、くるりの一枚目を思い出すな。共通しているのは、ぶっきらぼうな叙情性か。