真顔日記

上田啓太のブログ

ゾンビとタフグミ

深夜のコンビニは人の思考を停止させるのか。それとも、たんに私の問題なのか。とにかく真夜中にコンビニに行く時の自分は非常にぼんやりしている。感情が茫漠としている。ほとんど死んでいるも同然である。そのありようはゾンビの近似値だ。

それゆえに、予想外のことがあれば途端に破綻する。アドリブで修正することもできない。ゾンビに即興性はないのである。今日がそれだった。

当初の予定ではグミを買うはずだった。品名も決めていた。タフグミである。現在の私はこれにハマッている。だからタフグミのことを考えながらコンビニまでの道を歩いた。もっとも、そのありようはゾンビの近似値であるゆえに、「タフ……グミ……」程度の思念しか頭を流れていない。それでも店にタフグミがあれば問題はなかった。

しかし、なかったのである。タフグミというのは微妙な立ち位置の菓子で、知名度も低く、定番の菓子とは言えない。店によって、置いていたりいなかったりする。私の行ったセブンイレブンにはなかった。

それですべてが瓦解した。目的のものがないまま、店内を徘徊するはめになった。なにも買わずに帰るわけにもいかん。残されたのは、深夜三時にコンビニを徘徊するゾンビだ。

帰宅後、袋のなかを見た。日清カップヌードル、ジム・ビームのハイボール350ml缶、おっとっとのうすしお味、そして、ブラックサンダーの偽物みたいなチョコが入っていた。まったくビジョンが見えない。全体像が描けていない。ゾンビの買い物はこれだから困る。なぜ、グミのかわりがこれなのか。グミの空虚を埋めようとして、まったく埋められておらん。シャキッとしろ。

おっとっとのうすしお味はカップ型で、こんな商品があることは今日コンビニに行くまで知らなかった。自分にとって、レギュラーメンバーでも何でもない。どうも、先にカゴに入れたカップヌードルの印象に引っ張られて、似た形状のものを買ってしまったんじゃないか。深夜のゾンビ状態では、どれだけアホらしいことも起こりうる。

ちなみに、ブラックサンダーの偽物みたいなチョコの正式名称は、セブンプレミアムの「ザクザク食感のブラックブロックチョコ」で、ゾンビ状態でも、ブラックサンダーを意識した商品だと判断できた。インス……パイア……。