真顔日記

上田啓太のブログ

歩きスマホの人間は、あかんぼのように周囲を信頼している

歩きスマホをする人々がいる。社会問題にもなっているようだ。しかし私には、怒りよりもおどろきのほうが大きい。何におどろくかといえば、世界への圧倒的な信頼感におどろくのである。私はあそこまで周囲のすべてを信頼できない。

とくにすごいのは、スマホの画面を凝視しながら歩きつつ、さらにヘッドホンで耳まで覆っている人間で、たまにそんな人間がこちらにずんずん直進してくるんだが、あれは何だ? パラレルワールドに迷いこんだか? 別の世界線のできごと?

目や耳というのは、周囲を警戒するために付いている。それを遮断したまま、大量の人間がいる空間を歩きまわるのは肝が座っている。街中には色々と変な人間もいると思うんだが、そんなに周囲を信頼できるのか。歩きスマホの人間は、街と母親の区別が付いていないのか。おまえの住所は胎内か。

漫画『スラムダンク』の一場面を思い出した。山王戦終盤、三井は体力の限界をむかえ、それでも必死でプレイを続ける。三井はブランクが長いため、ひんぱんに体力の限界をむかえるのである。それを見て客席のだれかが言う。

「やつはいま、あかんぼのように味方を信頼することで、なんとか支えられている……」

すなわち、歩きスマホの人間は、あかんぼのように周囲を信頼することで、なんとか歩きスマホを維持している。歩きスマホの人間を支えているのは、自分が突っ込んでいけば他人はかならずよけてくれるという信頼、気づかないうちに車道に出ていても車のほうでしっかり停止してくれるという信頼……。

というか、なにも考えてないだけな気がしてきた。あかんぼのように周囲を信頼することで歩きスマホを維持する人間のリアリティのなさ。そんなやついるか。しかし、歩きスマホには周囲への無自覚な信頼感が必要なのは事実。自分が歩けば海だって割れるという確信。歩きスマホの人間は自意識がモーゼ。まずい、どんどんかっこよく思えてきた。