真顔日記

上田啓太のブログ

最近の仕事まとめ2018年春

最近の原稿仕事をまとめておきたい。定期的にこういうことをしたほうが絶対にいいからである。まとめをさぼるのはよくない。ということで、今年の一月から四月にかけてブログ以外に書いていたものをまとめます。よろしくお願いします。

GINZA

まず、GINZAの五月号にファッションに関するコラムを書いた。発売後、「なんであんなおしゃれな雑誌におまえの文章が載ってるんだ」と各方面から問い合わせがあったが、その理由をいちばん知りたいのは私なんですよね。ほんとなんで?

なお、「ファッションに関するコラムを書いた」とかごまかしてるが、「黄色のパンツに白のシャツを着ると配色がソフトクリームと同じになるので大変だ」みたいなことを書いただけだ。ほんといいのか。知的な服ってなんだろう、って書いてあるのに。

GINZA(ギンザ)2018年5月号[WHAT IS INTELLIGENCE 「知的な服」ってなんだろう]
 

マンガ再読

マンバ通信のマンガ再読連載をたくさん書いた。とくに反響が大きかったのは、島耕作の話と、孫悟空について。

それにしても、この連載をはじめてからドラゴンボールという作品のすごさをあらためて実感している。いろいろと次の原稿を用意しているんだが、ドラゴンボールにかんするものが異常に多い。この年齢になって気づいた。いちばん好きなマンガ、ドラゴンボールだ。小学生男子みたい。

自分のなかで、ドラゴンボールとaikoが同じところに入りつつある。それについて書こうとすると自動的に大量の文が出てくる、という意味において。

まったく共通点のない二つの気もするが、しいて言うならば、「変人のはずなのに平然とメジャーで活動している」というところだろうか。鳥山明にしろ、aikoにしろ、ものすごく変な人で、メジャーになる人間とは微妙にずれたところにいるんだが、持ち前の人なつっこさなのか何なのか、しれっとメジャーのド真ん中にいる。そういう存在に自分は弱い。

音楽コラム

音楽関係のコラムを2本書いた。aikoについてと、スピッツの草野マサムネについて。どちらも歌詞に関するものである(というかそれしか書けない)。

記事を読んだ女性のかたから「自分の気持ちが理解できました」という感想をもらって非常にうれしかったんだが、その反面、34歳の男が書いたもので理解しちゃっていいのか、と不安にもなった。草野マサムネの記事なんか、「女子は○○なのです」というふうに、やたらと「女子」を主語にして書いてるんだが、たんに自分のことを書いてるだけですからね。「なぜ私は草野マサムネの歌詞にときめくのか」だとあまりに意味がわからないので、女子を隠れみのにしてるだけ。女心は全然わかりません。私にわかるのは私の心だけです。

楽天それどこ

楽天それどこでは、2万円で部屋に色々なモノを買う企画をした。「殺風景な部屋」から、「やや殺風景な部屋」に変身できたと思う。そんな中途半端な変身でいいのかと思いますが。あと、役立つ情報がゼロなことに自分でも笑ってしまう。「カーテンは大事」とか書いている。それ、たいていの人類は知ってる。

ケイクスで新連載

ケイクスで「新しい人間観察」という連載がはじまった。有料のサイトだが(150円/週)、特定の記事が無料で公開されることもあるようす。しばらくは毎週更新される。初回のタイトルは「自意識のない美人に出会った」で、これはすでに公開されている。次は「鼻息でコミュニケーションする日本の男たち」という記事が公開される予定。こうして書いてみると、へんなタイトルの文章ですね。

noteで文を売っている

ちゃんと告知するのを忘れていたんだが、すこし前からnoteで昔の文章を売っている。「note」というのは説明がむずかしいが、文章を有料で売ることのできるサイトなのです。

なにを売っているのか。まずは真顔日記の初期のもの。ブログではすでに非公開にしているが、これを編集したものを売っている。あとは大学生の頃に書いていたウェブ日記を編集したものを販売中。どれもけっこう売れていて、これがうれしい。読んだ人にじかに金を出してもらえると、ものすごく励みになると分かった。いまさら気づくことかと思いますが。

note:日記アーカイブス

以上

以上です。次は夏の終わりにでもまとめます。新たに寄稿したものはブログ下部の「最近の仕事」で随時紹介しています。ツイッターとフェイスブックでも紹介しています。アカウントを持っている人は何も考えずに下の二つをフォローしてください。何も考える必要はありません。それではまた。

Twitter:@ueda_keita
Facebook:uedakeita316