真顔日記

上田啓太のブログ

カラスという黒いチンピラについて

いつもの通り道に細い路地がある。たまに塀の上にカラスがとまっていて、そんなときは通りすぎるのに緊張する。私はカラスとタイマンして勝てる自信がない。とくに路地のような狭いところでは。

だからできるだけカラスと目を合わせないように、存在感を消して通り過ぎる。カラス様のご機嫌を損ねないように、しずしずと歩くのである。図体は私のほうがでかいというのに。

このあいだは両方の塀に一羽ずつカラスがとまっていて、さすがに迂回した。何なんだと思った。RPGか。中ボス戦か。

カラスに対する恐怖感のルーツを辿っていくと、子供のころに親戚の家で読んだマンガが思い出される。いかにも昭和的な古い絵柄のもので、作者は分からないんだが、表紙で女学生がカラスに目玉をついばまれていた。まだグロいものに耐性がついていない時期だったので、数日ほど尾を引いた。あれでカラスには勝てないと刷り込まれた気がする。目玉ついばまれるんだもん。

日常で見かける鳥として、ハト、スズメ、カラスと並べてみた時に、やはり一羽だけ、カタギじゃない鳥が混じっているだろう。ハトなんてのは歩くたびに頭を前後に動かす馬鹿だし、スズメというのは地べたでチュンチュン言うだけの雑魚である。対峙したところで何の緊張感もない。

しかしカラスは無言でジッとしているし、くちばしを開けばアーッと恐ろしい声を出す。何故あんなものが日常にいるのか。警察は何をしているのか。反社会勢力を野放しにしたままでいいのか。暴対法は機能していないのか。

私はスズメとタイマンすることになっても、試合の一時間前まで平気で寝ていられる。あんなもんに戦略は不要、蹴飛ばしゃ終わりである。しかしカラスとタイマンするとなれば前日の夜からガタガタ震える。実家の母親にも電話をいれる。明日カラスとタイマンすることになったから……。ふるえる声で言うはずだ。感情のたかぶり如何では、生んでくれてありがとう的なことまで言いかねない。カラスきっかけで親子愛に覚醒。あの黒いチンピラには勝てない。