真顔日記

上田啓太のブログ

ネコを預かることになった

f:id:premier_amour:20161006063532j:plain

「ネコ預かることになったから!」

会社から帰ってくるなり、三十六歳女性は興奮ぎみで言った。秋のはじめに汗だくだった。前歯に「号外」と書いてある気がした。

詳細をきいた。ネコの保護活動をしている友人に頼まれたらしい。その友人は生後三ヶ月の子ネコを保護した。飼い主が見つかるまで預かりたいが、すでに飼いネコと預かりネコをあわせて十匹以上が家にいる。さすがに夫から不満も出ている。それで三十六歳女性に話がきたという。

「来週、くるから、よろしく」

三十六歳女性は言った。名前は「天ぷらちゃん」というらしい(なんて名前だ)。われわれは天ぷらちゃんを預かることに決めた。「飼う」ではなく「預かる」。これは心理的に妙なものだった。飼い主が决まるまでだから、それが数週間なのか、数ヶ月か、一年以上なのかは分からない。飼いネコではないが、しばらく家にいる。別れると知りながら付き合うような感覚になるんだろうか。

われわれは天ぷらちゃんについて話し合った。この家のことを気に入ってくれるだろうか、うちの他のネコたちとは馴染めるだろうか、乱暴者のセツシも子ネコがくればお兄さんのようになるだろうか、それともいじめてしまうだろうか、嫉妬しいの初音は子ネコにも嫉妬するだろうか……。

「画像あるよ! この子ね、天ぷらちゃん!」

スマホで何枚か見せられた。動画もすこしあった。小さなネコが腹を出してころころ転がっていた。三毛ネコだった。目が大きく、うるうるしている。情がうつるんじゃないか? 私は不安になったが、三十六歳女性は大丈夫だと言った。

「あたしはそのへん、ドライだからね」

前歯を光らせていたが、信用ならない。ネコのことでこの女がドライなはずがない。たしかに他の物事にはドライだが、ネコに関してはウェットもいいところ。はじめて飼ったネコが闘病の果てに死んだときなど、それはもうペッソペソに泣いていた。

「そりゃ病気は別だよ! 今回は預かるだけだし!」

堂々と言っていた。あくまでも預かる人間としての心の距離を保ち、無事に飼い主が見つかったときは、さわやかに送り出してやる。預かるだけで情が移るはずがない。割り切るところはしっかり割り切る。それがあたしという人間だ。

「あんたの想像してる百倍はドライなんだよ!」

……という話をしていたんだが、本日、先方の都合が変わり、預からないことになった。なんとか夫を説得できたという。それで三十六歳女性は「天ぷらちゃん……」とつぶやいていた。どこがドライだ。まだ来てもいないのに。

ただまあ、私も完全にショックを受けていた。それはもう落ち込んだ。色々と想像したのがまずかったらしい。

「天ぷらちゃん……」

その声は完全にハモッていた。

嘆きでハモる。これは、ゆずにもできない芸当。