読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真顔日記

上田啓太のブログ

ヨガのらっきょ!

三十六歳女性が寝る前にヨガをやっている。すぐに飽きるかと思っていたが、しっかり続いているようだ。スマホでインストラクターの動画を流し、それにあわせて色々なポーズをとっている。ネコたちはそんな三十六歳女性をジッと眺めている。あれは笑う。観察されてるじゃん、と思う。毎日エサをあげているのに、飼い主であるはずなのに、おもしろポーズの珍獣扱い。

さて、しかし今回はネコの話ではない。今日書きたいのは、ヨガのポーズのなかに、『おしゃれ手帖』で最後のアイドル夢川しゅんが「らっきょ!」と叫ぶシーンがあったことなのである。だが、この説明でピンときた人はいないだろう。これは断言できる。絶対に一人もいない。今の説明で即座にイメージが浮かんだ人は頭がおかしい。なので説明しておきたい。

『おしゃれ手帖』というのは、長尾謙一郎のギャグマンガ。これに、夢川しゅんというキャラが一度だけ出てくる。愛蔵版5巻から引用しておく。

f:id:premier_amour:20160409233230j:plain

三十六歳女性がこのポーズをしていた。というか、ヨガの一連の動きのなかにこれと同じポーズがまぎれこんでいた。当然私は爆笑した。まさか同居人が長尾謙一郎マンガのマイナーキャラになってるとは思わないもん。

これ以降、女性がヨガをはじめるたびに、私はらっきょのポーズを楽しみにするようになった。ネコといっしょにジッと観察である(ネコはらっきょを待っているわけではない)。三十六歳女性は「ジロジロ見るな!」と言う。

「もうらっきょ終わったから!」

「ジロジロ見るな」はいいとして、「らっきょ終わったから」は意味がわからない。女性の中でもらっきょのポーズになってしまっている。これには小首をかしげた。らっきょを観察する日々が続き、三十六歳女性がカレーの添え物に見えはじめた時、こんなことを言われた。

「あんたもやりなさいよ!」

このフィールドに上がってこい、ということだった。おまえは客席から見ているだけなのか、らっきょを見る者とらっきょをやる者どちらを選ぶのか。完全な挑発だった。私は乗った。仰向けに寝ると、こうなった。

f:id:premier_amour:20160409233230j:plain

馬鹿が二人に増えたわけである。やってみて分かったが、らっきょのポーズは異常にキツかった。アホらしいポーズだが負荷はキツい。これは発見だった。ポーズのアホらしさと負荷のキツさは比例する。日常にない筋肉の使い方をするからだろう。

「らっきょキツいでしょ…!」

三十六歳女性はプルプルしながら言った。

「らっきょキツい…!」

私も震えながら返した。

「毎晩やってるんだよ…! あたしは、これを…!」

「それは…すごいことだと…思う…!」

「なのにあんたは馬鹿にして…! らっきょとか…!」

「それは…申し訳なかった…と思う…!」

らっきょは長かった。我々は震えながら耐えていた。小刻みに震える二人の馬鹿とそれを見守る真顔のネコたち。ご近所には見せられない姿。

「これ…いつまで…!」

「まだまだ続くよ…! がんばるんだよ…!」

「無理なんだけど…!」

「根性でなんとかするんだよ…!」

「無理…マジ…無理…!」

「効いてる証拠…!」

しかし私は立ち上がった。無理はしない主義なのである。

「ちょっと!」と言われたがそれも無視して、プルプルする脚を引きずりながら小部屋に戻った。小部屋から居間を眺めた。らっきょの女がいた。ネコは暇そうに耳を掻いていた。やはりあれはただのアホらしいポーズである。負荷がキツかろうが、らっきょはアホらしい。あのフィールドには上がりません。

愛蔵版 おしゃれ手帖 5 (ヤングサンデーコミックススペシャル)

愛蔵版 おしゃれ手帖 5 (ヤングサンデーコミックススペシャル)