読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真顔日記

上田啓太がいろいろ書くブログ

ネコ踏んじゃわない

ネコのはなし

f:id:premier_amour:20160424011440j:plain

「ネコ踏んじゃった」という曲があるが、実際にネコを飼ってみて分かるのは、ネコを踏んでしまうことなどありえないということである。いま我が家では狭い空間に4匹のネコがうろちょろしているが、そのような生活空間においてもネコを踏んでしまうことはない。どれだけボーッとしてようが、まったく踏まない。

『バガボンド』の12巻に、武蔵が道に落ちていた釘をうっかり踏み抜いて自分の甘さを悔やむシーンがあるが、うっかりネコを踏んでしまうというのは剣豪でなくとも悔やむレベルの甘さである。ネコ踏んじゃわない。これが真実である。

むしろ、ネコは蹴ってしまうものである。これは断言できる。日常的に起こる。ネコと暮らすことは、蹴りたくないネコを蹴ってしまう葛藤と戦いつづけることである。

第一に、ネコには布団やら袋やらにもぐりこむ習性があり、これは油断すると蹴ってしまう。モコッとしていると思ったらネコ、何かにつまずいたと思ったらネコ。蹴ってしまえば、フシャーッと言われる。そんなまぎらわしいところにいるほうが悪いと言いたくなるが通じない。

第二に、ネコは真夜中に暗闇のなかでジッとたたずんでいることがあり、夜型の生活をしている私が台所に向かうとガッと蹴ってしまう。やはりフシャーッと言われるが、知らん。そんな暗闇にいるほうが悪い。なにを真っ暗闇でたたずむことがあるのか。

そして最後、これがいちばん多いんだが、ネコには飼い主の足にまとわりつく習性があり、人間が家の中を歩いている時など、甘えているのか何なのか、足元にちょこちょことついてくる。するともう蹴ってしまう。蹴りたくないのに蹴ってしまう。一流のドリブラーは足に吸い付くようなドリブルをするものだが、そういう意味で言えば、甘えているネコというのは人間の足に吸い付くように動く。一時的にメッシのような気分になる。ネコを蹴りながら冷蔵庫まで移動するメッシ。それが私である。

年俸はガム二個。