読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真顔日記

上田啓太がいろいろ書くブログ

藤原紀香のブログが「氣愛と喜愛で♪ノリノリノリカ」である件

日々と思考

藤原紀香のブログ名を知った。『氣愛と喜愛で♪ノリノリノリカ』というらしい。目に飛びこんだ瞬間に頭痛がした。「うう……」という感じ。しばらく頭を抱えてしまった。この頭痛の原因は何なんだろうと考えていた。

やはり「氣愛と喜愛」がポイントだと思われる。たぶん、意味があるのだ。絶対にその場の思いつきではなく、「気合」に別の漢字をあてたことに紀香の思いが込められている。意味を尋ねればじっくり教えてくれるんだろう。

「この氣愛というところ、気じゃなくて氣という文字を使っているでしょう? これには理由があるの、それはね……(略)、二つ目の気は喜になっているでしょう? これは私の尊敬する〇〇さんが……(略)、それに両方とも合じゃなく愛になっているでしょう? これはね……(略)」

ずっと説明してくれるんだろうな、と思う。

たまにこういうことがある。文字を見た瞬間に「深い意味がこめられてるんだろうな」と気づいてしまい、その予感で頭痛がする。むせかえるような濃密な意味のにおいにやれる、とでも言えばいいのか。

たいていの親は我が子の名前に意味をこめる。それはいい。しかし意味というものが絶対に良いものだというなら間違いで、なんでもかんでも意味を込めりゃ、胃にもたれる。だからこそ世の中には「ナンセンス」という価値もあるわけである。無意味が人を癒すこともある。

「うっとうしい」というのは、とくに意味を求めていない場面で濃密な意味を予感してしまったときの感情である。ほしくもない意味を押しつけられること。その意味において、紀香のこのブログ名はうっとうしい。頭痛の原因はそこにあるんだろう。

もっとも、これは『氣愛と喜愛で♪ノリノリノリカ』の前半にしか触れていない。後半には「ノリノリノリカ」が控えている。ここに濃密な意味の予感はない。むしろそこには単なるアホらしさがある。無粋を承知で説明させていただくなら、「ノリノリ」というのは機嫌のよい状態を示す擬態語であり、「ノリカ」というのは藤原紀香の下の名前である。すなわち、ノリノリノリカというのは紀香がゴキゲンであることを示している。これは、みなさんもお気づきのとおり、低級なダジャレである。

コース料理に例えるとこうなる。藤原紀香のブログ名は、前半で濃厚な意味のこめられた「氣愛」と「喜愛」をお客さまに召し上がっていただき、小休止としてリズミカルな「♪」をはさんだあと、「ノリノリノリカ」という急転直下のクソダジャレを召し上がっていただく形になっている。これは、構成の妙と言えるのかもしれない。

後半にも濃厚な意味が込められていた場合、それは完全にトゥーマッチだろう。ステーキの後にカツ丼を食わされるようなものだ。そこは軽めのデザートでも出してほしい。そして実際に、ノリノリノリカが登場するわけである。前半で濃厚な意味を味わった後は、スカスカのくだらないダジャレを食べることになるのである。これはなかなか考えられているんじゃないか。

この文を書き始めた時点で、私は『氣愛と喜愛で♪ノリノリノリカ』を頭痛のする最悪のネーミングだと思い込んでいた。しかし今、けっこう良いのかもと思いはじめている。前半だけでも後半だけでも駄目だっただろう。組み合わせの妙が名前を救った。「氣愛と喜愛」はドレスアップした紀香であり、「ノリノリノリカ」は関西出身のオチャラケた紀香である。名付けという行為が対象の本質をえぐりだすことならば、たった14字のうちに、藤原紀香という女の表と裏を見事に凝縮させている。

氣愛と喜愛で♪ノリノリノリカ

これは一個の結晶である。

ちなみに、その下にはこう書いてある。

NORIKA's sensation

やはり、うっとうしい気もする。またすこし頭痛がした。