真顔日記

上田啓太のブログ

aikoを聴く男、ゾンビを見る女

同居人が Hulu で海外ドラマを観ているらしく、小部屋にも音声が聞こえてくる。「アアアーッ!」という男のうめき声である。毎晩、男たちがうめいている。しかも野太い声。

「いま見てるやつ、いつもゾンビに追いかけられてるから……」

説明を求めると同居人は言った。それ以上のことは聞かなかったので分からないが、とにかく、ゾンビに追われているから男たちがうめいているらしい。たしかにゾンビに追われりゃ、屈強な男だろうがうめくしかない。

私は小部屋でaikoばかり聴いていたが、すぐ近くにはゾンビばかり見ている女がいたわけで、一体、この家は何なのか。aiko好きの男とゾンビ好きの女の同居というのは、自分のことながら意味がわからない。

私のパソコンにはaikoの曲が二百ほど入っているが、aikoがゾンビに追われる曲など一曲もない。aikoが歌うのは「あたしとあなた」であって、「あたしとゾンビ」ではない。「ゾンビとあなた」でも「あたしはゾンビ」でも「あなたはゾンビ」でも「ゾンビとゾンビ」でもない。aikoにゾンビの要素はまったくない。みなさん言われるまでもなくご存知かもしれませんが。

数日後、ふたたび男のうめき声が聞こえてきた。

「またゾンビ?」と私は尋ねた。

「いや、これは拷問」と同居人は言った。

現在、同居人は二本のドラマを同時進行で観ており、片方では男たちがゾンビに追われ、もう片方では誰かしらが拷問されているという。どちらも最高に面白い、とのことだった。

もちろん、aikoの曲に拷問の二文字が出てくることはない。恋愛の苦しさは歌うが、拷問の苦しさは歌わない。それがaikoという女である。もしaikoの新曲タイトルが『あたしと拷問』だったりすれば、とち狂ったのかと思うこと必至だろう。

ちなみに、ゾンビあるいは拷問を見ている時、同居人のひざではネコが気持ちよさそうに寝ている。その身体をなでながら、ゾンビあるいは拷問を見ている。

なんだか、発狂した金持ちマダムに見えなくもない。金があり余りすぎて頭のおかしくなったマダムだ。「ニャーちゃん見てごらん、人間は汚い声で鳴くわねえ……」とかネコに話しかけてほしい。右手にワイングラスがあれば完璧。