読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真顔日記

上田啓太がいろいろ書くブログ

共同生活における音の問題

居候生活

私が小部屋で音楽を流すと、居間にも音が届く。

広い家ではないから、私の聴いている曲が家全体の雰囲気を支配する。そして現在の自分は、一日の大半をaikoを聴くことに費している。となると、私のなかに芽生えた強烈なaiko欲求の余波を、同居人女性がもろに食らうことになる。

私は求めてaikoを聴いているから何の問題もないが、同居人の場合、日常に唐突にaikoが入りこんできたわけだ。そしてaikoの歌声はイージー・リスニングの対極にある。強制的に感情にアクセスしてくる。BGMに向かない。軽く聞き流せない。

よって、同居人の中でaikoが「いきなり家にあがりこんできて恋愛の歌を歌いはじめる女」みたいな存在になっており、日に日にaikoの好感度が下がっているようだ。

夜八時、私は突発的にaiko欲求を感じ、渇きを満たすために再生する。

「またaikoがあがりこんでる!」

居間で同居人が叫ぶ。

「もうすこし控えてよ!」

「いや、そこだけは譲れない」

居候の身でもaikoを聴くことだけは妥協できない。それが私のリアルである。

「考えてよ、いきなり恋愛の歌を歌いはじめる人がいたらいやでしょ! いきなりだよ! 何の前ぶれもないんだよ!」

たしかに、家に突然あがりこんで恋愛の歌を歌いはじめる女がいたらメチャクチャ嫌だな、とは思う。インターホン鳴ったと思ったら勝手にドア開けてて、手にコンビニ袋さげて「よっ」とか言われて、「ちょっと近く通ったし、今日も歌ってくわ、恋愛の歌」と言われたら、その場ではありがたく聴いているふりをしながらも、絶対にあとから「あの人、なんとかなんない?」とは言う。「もう来るなって遠回しに言ってみてくんない?」とは。

共同生活では、こういう問題がよく起こる。

以前、同居人がニコニコ動画でゲーム実況を聞くのにはまったことがあって、あの頃は私がうんざりさせられていた。知らない男がゲームをやりながら喋っているのがえんえん聞こえてくる。同居人からすれば「ゲーム実況のナントカさん」だが、私からすりゃ本当に「赤の他人」だし。

ぼそぼそ喋るのも気になるが、たまにテンションが上がるのも気になる。キャラのセリフをいちいち読み上げるのも気に食わない。女性キャラのセリフを読み上げる時はちょっとだけ女性口調になるんだが、そこに照れがあるのも気に食わない。どうせなら自意識の殻を破ってほしい。テレビに出てくるプロのオカマのような口調でやってくれるなら、まだ聴けるのに。

こういう問題を解決するシンプルな方法は大きな家に引っ越すことなんだが、それは金銭的な問題で不可能である。

ということで、強い意志でaikoをゴリ押しするという現状に至る。これだけは譲れない、それが俺のリアル、何人も俺からaikoを奪うことはできない、はやく聴かないと耳が枯れる、と言いつづけて、「こいつはaikoのことになると目がイクんだな、目がイッてる人間とは会話が成り立たないし仕方ないな」と納得させる戦略だ。こんなものを戦略と呼んでいいのかは知らんが。