真顔日記

上田啓太のブログ

井上雄彦と井上和香はどちらも井上であるゆえに

私の使ってる文字入力ソフトは、tabキーを押すと過去に入力した言葉をパッと出してくれるんですよ。

と、いきなり言っても分からんと思いますが、たとえば「東京ディズニーランド」と入力したい時、「とうきょ」あたりで「tab」を押せば、一気に「東京ディズニーランド」と入力してくれるんですね。長い言葉をひんぱんに入力する場合、スッと入力できて便利なんです。

なので自分はこの機能を多用してるんですが、ひとつだけ問題があって、いや、問題という表現は違いますね、馬鹿馬鹿しくてくだらないことなんで問題とは言いたくないんですが、ひんぱんに遭遇するミスとして、次のようなことがある。

私は井上雄彦が好きなんですね。説明不要かもしれませんが、『スラムダンク』や『バガボンド』を描いてる漫画家です。ファンなんです。なので定期的にグーグルで「井上雄彦」と入力して、新刊の情報や本人のウェブサイトなんかを見ている。それはよい。何の問題もないです。

次に、私は井上和香も好きなんですね。今の肩書が何なのか分かりませんが、私はグラビアアイドルとして認識している。この人が昔からとても好き。それは完全に一人の男として好き。なので定期的にグーグルで「井上和香」と入力して画像を見る。これもまあ、こんなところで大っぴらに言うことではないが、何の問題はないと思います。

で、文字入力ソフトの話に戻るんですが、井上雄彦も井上和香も名字は井上なわけです。私の文章入力のリズムだと、どちらも「いのう」あたりまで入力した段階で、tabキーを押して予測入力してもらう。井上雄彦のことを調べたいときも「いのう+tab」、井上和香の画像を見たいときも「いのう+tab」なわけです。

そろそろ分かってきた人もいるかもしれませんが、これがものすごく困る。

このソフトは仕様として、予測入力で候補が二つある場合は最近入力したほうを出すみたいなんですね。だから井上雄彦と入力したくて「いのう+tab」と入力したら「井上和香」と出てしまうことがあり、井上和香と入力したくて「いのう+tab」と入力したら「井上雄彦」と出てしまうこともある。

ややこしい話で申し訳ないんですが、私が困るのは、井上和香の画像を見たくてグーグルで画像検索しようとしたときに、「井上雄彦」と入力してしまうことなんですね。

というのも、井上和香の画像を見たい時、言うまでもないことですが、私は軽い興奮状態にある。軽い興奮状態でグーグルの画像検索をしている。興奮しているのでキーの入力はすごく速いし、「いのう+tab」からエンターキーをポーン!という流れは、目にも止まらぬ速さと言えるほどです。

結果、「井上雄彦」と入力されてしまう。

当然、井上雄彦の写真がたくさん出てくる。もう結構な回数、私は軽い興奮状態で井上雄彦の写真を見ている。井上和香の写真を見るような気分で、井上和香の写真を見るべく全身を準備させた状態で、井上雄彦の顔面を見てしまっている。

これ、どうすればいいんですかね?

いや、ほんと、「知るか!」としか言いようがないとは思うんですが、誰かにこの問題を知ってほしくて書いておきました。具体的な解決案としては、井上雄彦と入力したいときは「いのうえた+tab」、井上和香と入力したいときは「いのうえわ+tab」にすりゃあいいんですが、切羽詰まった状態では二文字のロスには耐えられない。一刻を争う事態で二文字のロスは致命的なんです。

なのでこれからも、性的な気分で井上雄彦を見るはめになると思うんです。スラムダンクによると、飽くなき反復練習だけがシュート成功率をアップさせるらしいんですが、じゃあ、いま私がやっているこの反復練習は、自分をどこに連れていくんですかね? そのうち私は、井上雄彦を下の名前で呼びはじめるんじゃないですかね?

こちらからは以上です。

ちなみに、私の使っている入力ソフトは「AquaSKK」というものです。癖のあるソフトですが非常におすすめですよ。この流れでおすすめするかよ、と自分でも思いますが。