真顔日記

上田啓太のブログ

イングレスをプレイする女

三十一歳女性がイングレスをやっている。話題のアプリらしいんだが私はよく知らない。

よく知らない人間に説明されるほどの地獄もないが、一応説明しておくと、イングレスというのはグーグルマップと連動した陣地取りゲーム(?)。青と緑の二チームに分かれて実際に町を歩き、いろいろなもの(地蔵とか)を集める。いや、集めるというか「ハック」する。しかし敵チームも「ハック」してくるので、負けじとこちらも「ハック」し返し、奪われたもの(地蔵とか)を奪いかえす。

要するに、イングレスというのはグーグル主催の地蔵の奪いあいというのが私の認識だが、まあ、知らない人はちゃんと調べてほしい。この説明を参考にして恥をかいても私は知らん。

三十一歳女性は会社の行き帰りにやっているらしい。

「また井口に取られたよ!」

帰宅と同時に言われるが、私は井口ではない。上田である。そんなことを言われても困る。

「あたしが会社行くときに取ったやつ、帰るときには井口に取られてるからね。しかも毎日だよ! 井口への怒りがどんどん湧いてくるよ!」

他のプレイヤーの名前が分かる仕組みらしい。井口というプレイヤー(性別すら分からない)と地蔵を奪いあっているようだ。

「だいたい、井口はずるいんだよ! 八人がかりでやってるからね。チーム組んでるの。あたしは一人でがんばってるのに!」

「八人がかりでやっている」の意味がさっぱりだったが、説明を聞いてもさっぱりだったので、気にしないことにした。まさか八人で仲良く街を歩いてるわけじゃないと思うが。

このあいだのネコをあつめるアプリもそうだが、話を聞いているだけでは何にそこまで夢中なのかよくわからん。しかし三十一歳女性は私にもイングレスをやってほしいらしい。

「あんたみたいに、あちこち徘徊してる人こそやるべきなんだよ!」
「徘徊じゃない。ウォーキング」
「徘徊でしょ、あんなの、昼間から!」
「夕方のときもある」
「おんなじだよ!」

私にはアプリで遊ぶ習慣がないから、たぶんイングレスもやらない。しかしあまりに日々報告されるから、ウォーキング中に地蔵を見かけると、心のなかで「ハック」とつぶやくようにはなった。「あ、地蔵、ハックしとこ」と勝手に考えている。自分なりのイングレスである。とくに楽しくはない。これの何が面白いんだとすら思う。イングレスからすりゃあ、言いがかりもはなはだしいが。