読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真顔日記

上田啓太のブログ

ジブリアニメ色々

Youtubeでジブリの予告編をダーッと見ていた。実は、もののけ姫もナウシカもラピュタもまともに見たことがない。ナウシカは公開当時に母親に連れられて見に行ったんだが、まだ幼稚園だったか小学校の低学年だったか、とにかくバッタ程度の知能しかない時期だったから、なにがなんだかさっぱり分からなかった。途中で出たいとグズッたことだけ覚えている。

予告編を見ると、どれも異常に面白そうだった。見たほうがいいかもしれない。ラピュタも大昔にテレビでやっているのを見たきりだ。主人公が屋根にのぼって、トランペットだかサックスだかを吹いていたことしか覚えていない。名前はパズー。これは知っている。しかしそれだけだ。おかげで頭の中じゃ、パズーもマイルス・デイビスも同じ箱に入っている。

もっとも、現代日本に生きているとラピュタのセリフがあちこちで引用されるから、それで分かった気になっているのも事実。「バルス!」とか「人がゴミのようだ」とか「40秒でしたくしな」とか。しかし、実際にどんな文脈で言われたかは知らないし、個人的な思い入れもないから、セリフの細部を平気で間違える。

むかし、漫画喫茶でバイトしていた頃、同僚の女に「30秒でしたくしな」と引用して、「10秒足りないです」と言われたのを思い出した。同じ女と話している時に、「9ミリ・パラベラム・バレット」という若手バンドのことを「8ミリ・パラベラム・バレット」と言って、「1ミリ足りないです」と言われたこともある。とにかく足りてないのだ(バルス!)。

なんとなく、勇気を出して、「ファッキン!」みたいなニュアンスで使ってみたが、たぶん間違っている。自覚しているので安心してほしい。