読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真顔日記

上田啓太がいろいろ書くブログ

素晴らしいネコの写真

「素晴らしい写真が撮れた!」

三十一歳女性が絶叫し、小部屋に走ってきた。

「見てよこれ、あたしね、昨日買ったでしょ、ほらアレ買ったでしょう、その時からこうなることは予想してたんだよ、こうなるために買ったところあるんだよ、でもこんなに早く実現するなんて思わなかったよ!」

言葉数のわりに、何を言っているのかサッパリ分からない。

「だからね、ほらあれ買ったでしょう、なんていうのアレ、爪とぎのネコの形したあれだよ、ネコの形の爪とぎの、名前なんだろ、あんなもん名前なんかないよ!」

唐突な逆ギレである。

興奮する三十一歳にかわって、私が写真で説明しておく。

20140530b

こんなものを三十一歳は購入していたのである。初音用と影千代用にひとつずつ。爪とぎだが同時に遊具としても使える。正式名称は知らない。というか正式名称があるのかも分からない。仮に爪とぎボックスと名づけておこう。

「これを縁側に並べたらね、きっとこうなると思ったんだよ、あたしはそう予想したんだよ、ていうかネットでこれの写真見たときからこうなると思ったんだよ、そのために買ったようなものなんだよ、それで今日、昨日の今日でだよ! さっそく実際にそうなったんだよ! だから撮ったんだよ!」

終わることのない狂乱で、唾が飛び、前歯は出たり引っこんだりで、忙しいったらありゃしない。これでは話が進まないので、私は興奮する三十一歳をなだめ、深呼吸させると、写真を見せてもらった。

20140530

「いい写真でしょう!」

「あー」と思った。なので私は「あー」と言った。

「その薄い反応はなんだ!」三十一歳が言い、凶器のような前歯が飛び出した。

「もっと感激してよ! すごいでしょ、これ最高だよ、こういうのこそブログに載せるべきだよ。初音の足がずり落ちてたとか、そんなのじゃなくて! 普通のネコブログはこういうのをジャンジャン載せてるんだよ! 雰囲気があるでしょ、雰囲気! ムード! ちゃんと感じ取ってよ! これがネコブログのあるべき姿だよ!」

ということで、載せてみたわけである。しかし根本的なことを言ってしまうと、真顔日記はネコブログではない。

「は、そうなの? なんで!?」
「だって、ネコが主役だとしたら、ヒモとか前歯とか、飼い主にノイズが多すぎるし……」
「ノイズ!?」
「集中してネコ見れないし……、そもそもネコ以外のことも平気で書くし…」
「そうだったのか……」

三十一歳は急激にトーンダウンした。口元からは、残念そうに前歯(ノイズ)が出ておった。