読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真顔日記

上田啓太がいろいろ書くブログ

足が落ちているのに凛とした顔のネコ

ネコのはなし

庭のハシゴに初音が座っていた。

天気のいい日だったから日向ぼっこでもしていたんだろう。日溜まりを見つけることに関してネコは天性の才能を持っている。だが、初音の片足は完全にずり落ちていた。ずり落ちたまま、当たり前のように日向ぼっこをしていた。それは異常な光景だった。

20140527a

この姿である。

三十一歳女性と二人でゲラゲラ笑ったあと、「初音、足、落ちてるよ」とか「はーちゃん、直せば」とか言ってみたが、返事はない。ニャーとすら言わない。「何かヘン?」といった態度である。

もうすこし近づいて撮ってみる。

20140527b

まったく直そうとしない。

それどころか、さらに堂々とした態度になっている。

20140527c

この顔である。

20140527d

足はこうなのに、

20140527c

この顔なのである。

「ずり落ちてるんじゃない、ずり落としてるの」

そんな声が聞こえてきそうだった。

後ろ足を直そうと手を伸ばすと、シャーと言われた。本人が納得してるならいいだろう、ということで、我々は初音をそのままにして、庭を後にしたのだった。