真顔日記

上田啓太のブログ

春がきたので再開する

この家に転がりこんで四年がすぎた。

こんな生活が永遠に続くはずないと思っていたが、そこそこの年数、続いてしまった。四年である。もちろん永遠ではないが、当初の予定では二ヶ月で出ていくはずだったから、とんでもないことだ。真顔日記を最後に更新してからも二年がすぎているし、全体的に、時が流れすぎだ。本当に、だらしないくらいに流れていく。

私の生活はこの四年で何ひとつ変わっていないし、近況らしきものもないが(「呼吸、食事、排泄、睡眠」で説明できる暮らしをしている)、更新していない二年のうちに、飼っていたネコが病気で死んだ。これでひどくショックを受けた。同居女性は泣いてばかりいた。壁に在りし日の写真を貼り、小さな仏壇を作り、好きだった刺身を供え、毎日、水を替えていた。

数ヶ月後、みぞれが降った夜、路上で寒そうにしていた別の子猫を拾ってきた。女性は「今夜だけ泊めてあげる」と言ったが、一匹目を拾ってきたときも同じことを言っていた。さらに数ヶ月後、三重県まで行って、捨てネコの保護団体から、生まれたばかりの子猫をもらってきた。現在、この二匹を飼っている。まとめてしまうと唖然とするほど短いが、このへんは少しずつ詳しいところを書いていくつもりだ。

女性はあいかわらず同じ会社で働いている。ネコたちに快適な暮らしをさせるべく、たくさんの銭金を稼いでいる。二匹目のネコは初音、三匹目のネコは影千代という。ちなみに一匹目は毛玉といった。そして私が上田で、これは何匹目でもないが、女性はたまに私を一匹目として数えることもある。これには若干の抵抗を示している(身ぶりや表情で)。

春の雰囲気にのっかって再開した。うまく更新を続けていきたい。