読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真顔日記

上田啓太がいろいろ書くブログ

木村カエラCM事件

居候生活

食事中にテレビを観ていたら、木村カエラのCMがながれてきた。すでに何のCMだったかは覚えていないが、木村カエラの顔が画面にアップで映り、真顔で「わちにんこ」とだけつぶやいていた。

その後もCMに続きがあったと思うんだが、ここで三十一歳女性がギョウザを食べる手をとめて、「わちにんこって何なの? 下品なこと?」と言ったので、意識は女性のほうに向いた。女性もまた木村カエラに匹敵する真顔であった。

わちにんこというのは要するに「こんにちわ」を逆さに読んでいるだけで、元ネタが何なのかは知らないが、単なる挨拶である。下品でもなんでもない。なぜそんなことを言うのかと聞くと、「おちんこ的なことかと思って」という言葉が返ってきて、この前歯は小学生なのかと思った。ランドセルをかついだ三十一歳なのかと思った。

この女は、「わちにんこ」を男性器をおもしろく変換した言葉のひとつだと推理したわけで、三十路をすぎて無邪気になる一方である。そもそもテレビ放送で数千万の視聴者にむけて木村カエラがアップで男性器の名称をつぶやくCMって、それは何なんだと、どこの企業のCMなんだと、常識的に考えてありえないだろうと、私は納豆をかきまぜる手をとめて説得した。三十一歳女性は「おちんこじゃないのか……」とうなだれていた。

なぜガッカリするのだ。