読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真顔日記

上田啓太のブログ

奈良県民のリアル

こんにちは、二十七歳女性無職です。三十一歳女性の出身地はどこですか?

三十一歳女性の出身地は奈良である。鹿と大仏に支配された町である。彼女は生まれてからの長い年月を奈良の実家で暮らした。京都で一人暮らしをするようになったのはこの数年のことらしい。生粋の奈良県民である。

外部から見た奈良のイメージは鹿と大仏の二大巨頭に支配されている。それがすべてと言っても過言ではあるまい。では、内側から見た奈良はどのような街なのだろうか。鹿と大仏の街という評価を奈良県民はどう受け止めているのだろう。

そんな疑問を抱いた私は、三十一歳女性に一問一答をおこなった。その文字起こしを載せておく。奈良県民のリアルを知る資料となれば幸いである。

Q.奈良って田舎なの?

A.田舎じゃない。都会だしすごく栄えてる。

Q.大阪とか京都に比べたら田舎だよね?

A.そのふたつに比べたら負けるけど田舎じゃないしすごく栄えてる。

Q.大仏と鹿以外にもなにかいるの?

A.人間がたくさんいる。

Q.鹿よりもいる?

A.鹿よりもいる。

Q.お父さんの仕事は大仏?

A.大仏じゃない。

Q.じゃあ鹿?

A.鹿でもない。

Q.食卓に鹿せんべいが並ぶ?

A.並ばない。人間らしいものを食べる。

Q.お母さんは大仏?

A.大仏じゃない。

Q.じゃあ弟が大仏?

A.あたし一人っ子だから。

Q.もし弟がいたら大仏だったと思う?

A.思わない。思うわけがない。

Q.血縁に大仏はいない?

A.いない。

Q.鹿のためなら死ねる?

A.死ねない。鹿は鹿。

Q.大仏のこと尊敬してる?

A.してない。

Q.好きな二文字は"大仏"?

A."賀正"。

Q.大仏の内部が空洞って知ったとき中に住みたいと思った?

A.思わない。

Q.家賃五十万でも住みたい?

A.だから住みたくないんだって。

Q.大仏の外見の印象は?

A.目が細い。

Q.大仏のポーズをどう思う?

A.足がしびれそう。

Q.あなたにとって大仏とは?

A.過去の遺物。

Q.もしかして大仏嫌い?

A.いまどんどん嫌いになってきてる。

Q.鹿は好き?

A.鹿も嫌いになってきた。

Q.大仏のあの髪型ってかっこいいと思ってやってんの?

A.あたしにきかないで。

Q.パンチパーマに見えない?

A.見える時もある。

Q.それでも大仏を尊敬してるんだ?

A.だから尊敬してない。

Q.奈良の県知事って大仏?

A.荒井さん。

Q.荒井さん?

A.うん、荒井さん。

(グーグルで"奈良県知事"を検索)

奈良県公式ホームページ

Q.荒井さん大仏に似てない?

A.思い込みだから。

Q.下半身写ってないけど、座禅してるんじゃない?

A.してない。

Q.知事は荒井さんで大仏じゃない。

A.そう。

Q.副知事は鹿?

A.あんたバカなの?

Q.答えないってことは副知事は鹿なのかな?

A.副知事は誰か知らない。

Q.じゃあ鹿かもしれないね。

A.絶対鹿じゃない。

Q.最後に尊敬する大仏にひと言。

A.尊敬してない。