読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真顔日記

上田啓太のブログ

謝罪文

三十一歳女性から日記の内容にクレームがつきました。

前回の日記において、わたくし上田啓太(以下、貧弱ヒモ野郎)は三十一歳女性の前歯がとてつもなく出ているかのような描写をし、「三十一歳女性=前歯が出ている女」というイメージを与えかねない文章を書きましたが、女性いわく「そこまで出ていない」とのことです。「かなり誇張している。ゆるせない」と憤慨しておりました。そうして文句を言っているあいだも前歯が出続けていることに関しては、見ないふりをしておきました。

よって、読者諸氏におかれましては、以後、三十一歳女性の前歯に関する描写があっても、「実際はそこまで出ていない」とそれぞれの心の脚注に書いてお楽しみください。

また、「アンタだって、しゃべるときに口がトンガる癖がある」という指摘もあり、人の前歯を指摘しておいて自分の口のトンガリはひた隠しにするのか、でっぱっているのはお前もいっしょではないのかという話から、前歯とトンガリによる醜い言い争いが幕をあけまして、不毛な議論がさんざん続いたあげく、最終的に「あたしは最近2キロ痩せたし」という三十一歳女性の謎の自慢に着地しました。

よって、読者諸氏におかれましては、以後、三十一歳女性の前歯に関する描写があっても、「実際はそこまで出ていないし、貧弱ヒモ野郎はすぐ口がトンガるし、三十一歳女性さんは2キロも痩せてスゴいなあ」と心の脚注に書いてお楽しみください。

私からも言わせてもらえるならば、今回は謝罪の日記であるため、自分のことを「貧弱ヒモ野郎」などと表記しましたが、初回の日記でも書きましたとおり、私は家賃の半分にあたる三万円を毎月支払っており、まったくヒモなどではありません。

「電気代、ガス代、水道代、ネット代はあたしがすべて払っている。冬の電気代をナメるな」との意見も出ましたが、「家賃と食費を出している以上、完全なヒモではないはずだ」という点では合意に至っており、実際は貧弱ヒモ野郎ではなく、「貧弱半ヒモ野郎」が的確だと思われます。

読者諸氏におかれましては、すべてご理解いただいた上で読んでいただければ幸いです。次回以降もよろしくお願い致します。

平成二十二年十二月二十三日

貧弱半ヒモ野郎 記