読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真顔日記

上田啓太がいろいろ書くブログ

点在するバカのしるし

居候生活

 家ではパンツ一枚で元気に活動している私だが、どうも三十一歳女性の機嫌が悪い。眉間にしわが寄っている。この女の機嫌を損ねることが衣食住にモロに影響を与える現在の状況において、これは由々しき事態である。

 パンツ一枚のまま平身低頭で話しかけると、女は無言で部屋のすみを指差した。私のズボンが床に落ちている。うん、ズボンだね、僕のズボンだ。それがどうしたのかと尋ねる間もなく女は別の方向を指差した。別のズボンが落ちていた。うん、それもズボンだね、僕のズボンだ。さらに女は縁側のあたりを指差した。私のTシャツが落ちていた。うん、これはズボンじゃないね。

 ここまで女は完全に無言である。ズボンか否かはどうでもいいようだ。

「なんかいろいろ落ちてるね」と言うと、他人ごとのような発言にカチンときたのか、女は「洗濯カゴあるでしょーー、ちゃんと入れてぇーー」と言った。ようやく口を開いたかと思えば、怪鳥のようなヒステリックボイス。頭のなかで晩ごはんのオカズが一品消えた。

 なぜこんなことになってしまうのか分析する。

 私は家ではパンツ一枚で過ごすが、さすがにそのまま外には行けない。そんなことをすれば警察が動く。だからコンビニで菓子でも買おうとおもったら、さっと服を着て外にでる。そして帰ってくればすぐに脱ぐ。居間であったり、縁側であったり、とにかく帰るなり家のあちこちでスルスルと脱いで、自分の部屋に戻った頃にはパンツ一枚に戻っている。誰も望まないストリップショーを繰り広げるわけである。

 結果、むなしく脱ぎ捨てられた衣服が居間や縁側にお目見えするわけだが、そのころには買ってきたチョコフレークに夢中だから、服のことは気にもとめない。

 なるほど、分析結果を一言でまとめるとこうだ。

「馬鹿か」

 自分の部屋以外はすべて脱衣所としてとらえる意識、これは同居人の気持ちをまったく考えておらず、女が怪鳥のような声になるのも無理はない。さらにいえば、すぐにパンツ一枚になる態度はどうだ。スキあらば脱衣、スルスルと脱皮、まがりなりにも哺乳類として生を受けたのに、やってることはザリガニと大差ない。

 最近は暑さも落ちついたから、服を着て過ごすことも増えてきた。家のあちこちに私の抜け殻がおちることも減っている。なんとか来年の夏までにこの悪癖を克服して、ザリガニめいた日常に別れを告げたいが、たぶん気温が30度を超えたら、ヒトとしての尊厳を捨ててパンツ一枚になる。そして晩ごはんのオカズが消える。