真顔日記

上田啓太のブログ

ナゾの激ヤセに論理で立ち向かえ

短期間のうちに3kgも痩せたことでしばらくアタフタしたが、そこはこの上田という男、身体はヒョロくとも頭脳は明晰である。なぜこんなにも痩せたのか、ウンウンうなって考える。絡まりあった因果の迷宮を論理のランプで照らしだす。推論、検証、帰納に演繹、あまたの思考ツールを駆使し、ついにわが頭脳はひとつの結論をはじきだした。

私が痩せたのは食生活のせいである。

明晰な頭脳がはじきだした凡庸な結論に頭脳もポンコツなのではと不安になるが、そこはグイとこらえて、このところの食生活について考えた。おもえば京都に来てからというもの、ずいぶんと食べる量が減っている。以前は定食屋でトンカツなどをたいらげることもしばしばだったが、今はコンビニでおにぎりを一個買って満足している。よく食うヒョロヒョロから食わないヒョロヒョロに変化したのだ。

以前は菓子をたくさん食べていたし、コンビニに行けば、甘いの、塩辛いの、渋いのをひとつずつ買っていた。コアラのマーチ(甘いの)、ポテトチップス(塩辛いの)、芋けんぴ(渋いの)という組みあわせは定番だったし、胃袋の気持ちも考えずドカ食いしたものだ。

土地が変わると習慣も変わるのか、いつのまにかそんなトライアングル・メソッドはなくなり、かわりに採用されたのが「チョコのでかい袋を買っておく」メソッドだ。小さなチョコがたくさん入った袋を冷蔵庫に常備して、菓子を食べたい気持ちがやってきたら一粒だけ取りだして前歯でカリカリ食べていくのである。

貧乏性を体現したようなメソッドにかえた結果、一日に食べる菓子の量は三袋から三粒になった。食事はおにぎり一個で菓子はチョコレート三粒。飽食大国ニッポンで自分だけ戦後まもないムードになっている。こんな食生活を送っていれば痩せて当然。竹槍の似あいそうなボディになるわけだ。

さて、わが明晰な頭脳は、「痩せたのは食生活のせい→たしかにあんまり食べてなかった!」という、非常に明確でわかりやすい、アホみたいな結論をはじきだした。今回の教訓は「食わなきゃ痩せる」である。それを裏返せば、「食ったら太る」になる。これを利用すれば体重を戻せる。ということで、さっそくチョコを出して食べはじめたが、五粒で腹いっぱいになった。

ハムスターレベルの食欲になっている。